【共働き子持ち】私のFIRE計画【資産はいくら?】

FIREマニュアル

  一体誰が興味あるのか!?・・・と思いつつも、現時点での私のFIRE計画をまとめました。

 我が家は共働きなので、私が会社を辞めても十分な労働収入はあります。また、私が考えているのはいわゆるサイドFIREで、会社を辞めた後も軽い労働はしてわずかながら収入は得る予定です。

 まず私がサイドFIREし、その後も資産を膨らませてパートナーも辞められる状態に持っていく(パートナーのFI達成)という2段階の計画になっています。

 パートナーには今のところ退職願望がないのですが、いつでも辞められる状態には持っていきたいと考えています。

私の年齢や家族構成など

  •  年齢:30代後半
  •  家族構成:私、パートナー、子供1人(もう1人生まれる可能性も?)の3人家族
  •  住居:賃貸(家賃9万円)
  •  車:所有なし

現状

  •  2021年4月時点
  •  資産:9000万円
  •  世帯労働収入(手取り):1300万円
  •  支出:450万円

私のサイドFIRE時点の見込み

  •  時期見込み:2023年
  •  資産:1億1000万円
  •  世帯労働収入(手取り):700万円
  •  支出:450万円

 私のサイドFIRE後、1年目は失業給付金で収入が見込めます。そのうちに個人事業を育てて、2年目以降は多少の労働収入を稼ぐ予定。個人事業が思うように育たなかった場合はギグワークによって稼ぎます。

 社会保険はパートナーの扶養に入ることで支出増加を防ぎたい。

パートナーのFI達成時点の見込み

  •  時期見込み:2025年
  •  資産:1億2500万円
  •  世帯労働収入(手取り):100~200万円
  •  支出:500万円

備考

  •  共働きなのでダブルの厚生年金が見込めるのが強み。
  •  私は酒・タバコ・ギャンブルをやらず、お金がかかる趣味もありません。パートナーは多少趣味にお金がかかります。
  •  一方、子持ちの身では安易に引っ越すとかも難しく、支出で削れる部分もそれほどないので、リタイア後の支出の柔軟性は低いです。
  •  達成時期についてはフレキシブルです。子供がもう一人増えるなどの変化には柔軟に対応しようと思っています。その場合はおそらくもう1年働くことになるでしょう。
  •  FIREは退職の早さを競うゲームじゃないということを肝に銘じて、焦らずにゆっくりやっていこうと思います。

計画に使ったツール

 計画を立てる際に、こちらの記事で紹介しているシミュレータを使いました。

おわりに

 計画はあくまで暫定のもので、状況変化に応じて見直していく予定です。

 この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

日本版FIREマニュアルへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました