4%ルールの実像を視覚化する

FIREマニュアル

4%ルールの実像を直感的に理解できるツール

 「4%ルールを正しく理解する」という記事で、4%ルールは30年を超える長期のリタイア期間に適用するには不安があるという話をしました。

 この点、4%ルールの実像を視覚化し直感的に理解できるツールがありましたので、ご紹介します。

 Engaging Data というサイトにあるツールで、使っているところの画像を下に示します。

 下の画像のチャートは、リタイア期間30年の各リタイアタイミングにおける、最大の安全な引き出し率を示したものです。縦軸が最大の安全な引き出し率、横軸がリタイアのタイミングを示しています。資産構成は80%が株式、20%が債権です。投資のコストは0.3%に設定されています。

引用元:Engaging Data

 最大の安全な引き出し率が4%を下回るリタイアタイミングは赤い点で示されています。上の例であ赤い点は4つだけです。リタイア期間30年なら、4%ルールはかなりよく機能したことがわかります。

 続いて、リタイア期間を55年にしてみましょう。

引用元:Engaging Data

 赤い点がかなり増えました!リタイア期間55年で4%ルールを採用するのは、けっこう勇気が要りそうです。一方、最大の安全な引き出し率が6%を超えるリタイアタイミングもけっこう有り、8%を超える場合も有りました。大きく資産を増やすチャンスも有ることがわかりますね。

 今回ご紹介したツールはこちらにあります→Engaging Data

 以前の「119隻の航路」という記事で引用したページと同じページです。下へスクロールしていくと、このツールがあります。

 リタイア期間を色々変えてみて、最大の安全な引き出し率がどう変化するか直感的に理解してください。株式の比率や投資のコストも変えることができます。

おわりに

 本気でFIREをしようとしている人にとって、4%ルールのようなリタイア後の安全な引き出し率をよく理解しておくことはとても重要なことです。

 当ブログでもこのテーマを何度か取り上げていますので、ぜひお読みいただき、リタイア後の安全な引き出し率について理解を深めてください。

 最後までお読みいただきありがとうございました。この記事がご参考になれば幸いです。

 皆さんのFIREの旅がよいものになりますように!

 日本版FIREマニュアルへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました